3R ENERGY | 風力

小形風力発電の発電の仕組みを解説します!

風力発電の仕組み

風力発電は大きく分けると、『ブレード(羽)』『ナセル(動力部分)』『タワー(支柱)』に分けられ、風のエネルギーによってプロペラが回転をし、回転エネルギーが電気エネルギーに換わる仕組みです。
より多くの電力を発電するために、当然ですが強く風が吹き抜けるところに作られます。また、台風のような非常に強い風が吹く場合は安全のためにプロペラが停止するようになっており、機種によっては地面に倒すことができます。 また、回転軸が垂直のものや水平のものもあり、それぞれの形状によって、発電効率や騒音のレベルも違ってきます。
大型の風力発電になると全長は100mを超えますが、小型風力発電は大きくても30m未満です。

お問い合わせ

商品についてのお問合せ、物件探し、風力発電についての疑問等、何かございましたらお気軽にお問合せください。お問い合わせはお電話、もしくはインターネットで承っております。

お電話でのお問い合わせ

092-260-3035

営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日、お盆、年末年始

サイトからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ