3R ENERGY | 風力

小形風力発電の特徴は?大きさはどれくらい?

小形風力発電の特徴

小型風力発電は、発電を開始する風速は風車メーカーによっても差がありますが、約2~3m/sで発電を始めます。 約2~3m/sの風速というと、「顔に風を感じる。木の葉が動く。風見も動きだす。」位が基準とされています。 というと、、、日常に吹いているような風で発電を始めるということです。風速についてはこちらにまとめましたのでご覧ください。

また、風が一番強い方向をブレードが向くようなヨー抑制機能が標準的に搭載されていて常に一番良い風を風車本体が受けられるよう設計がされています。
反対に、台風のような風速30m/s以上の風速が吹いた際には風車が風を受け流し、回らないようにする機能や、ブレーキ機能を使用する機能が搭載されています。 さらに大型の風力発電と違って倒すことが可能ですので安全性にも優れています。

小形風力発電機の高さはどれくらい?

小形風力発電機は高さが20-30m程度です。
風力発電の高さ

どのくらい発電ができるの?

風力発電は受風面積の3乗に比例して発電するとされています。つまり、大きなブレードを持っている風車ほど発電量が多くなります。 例えば、弊社で取り扱っておりますCF20 Japan(C&F社)を例に挙げると、

5m/s6m/s7m/s8m/s9m/s
46,924mAh66,299mAh83,249mAh97,255mAh108,387mAh
というような発電量が風況にもよりますが水準とされています

お問い合わせ

商品についてのお問合せ、物件探し、風力発電についての疑問等、何かございましたらお気軽にお問合せください。お問い合わせはお電話、もしくはインターネットで承っております。

お電話でのお問い合わせ

092-260-3035

営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日、お盆、年末年始

サイトからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ